買主の為の「賢い住宅購入術」

住宅は資産だ!資産価値の高い家を持つことて人生の選択肢を増やそう!購入した家を10年後に同じ値段で売るマイホーム資産化戦略の為のブログです。

メニュー

「緊急事態宣言」から一週間、中古住宅のマーケットは今どうなっているのか?

620 views
約 4 分

4月7日に発令した「緊急事態宣言」を受け、「不動産中古市場はどのように変わったか」
今の不動産中古市場の状況をお伝えします。

一部の大手仲介業者は完全に店舗を休業し、社員は在宅勤務に変更(実質、休業状態)。
また、一部の大手仲介業者は、店舗の人員を極力減らし、チーム編成で交代制在宅勤務となっております。

売却しているが、内見お断り!?

現在売却活動をしている売主様もこの「非常事態宣言」を受け、実態的には内見自体をお断りする方が大半です。理由は、他人が自分の家を内見することによる新型コロナウイルス感染を避ける為です。

余裕のある売主様であれば、この時期にわざわざ内見してもらう必要はありません。コロナウイルスが収束した頃に内見してもらえばよいのです。

ただし・・・、
コロナの収束はいつになるのか、誰にもわかりません
コロナ収束は、ここ1・2カ月ぐらいの問題ではなく、間違いなく長期化すると思われます。

コロナの収束を待っていられない売り手事情

売主の皆さんが、コロナ収束するまで売却を待てればいいのですが、そうもいかない事情があります。不動産を売却するというのは、それなりの事情があって売却をしているのです。

だから、今売らざるを得ない売主様もたくさんいらっしゃいます。

例えば・・・
・すでに、買換え先を購入してしまって二重のローンが発生している売主様(買換えの売主様)
・コロナショックにより経営不振 今不動産を売ってお金を作らないといけない売主様など

内見出来れば、価格交渉が出来るチャンス!?

上記のように今売りたいという方であれば、マスク着用、手洗い消毒をして頂いた上での内見ならOKという売主様は当然いらっしゃいます。

こういった物件は、未だ先行きの見えない状況ですから価格交渉にも応じてくれる可能性が高いです。マンションであれば築10年以内のものでなければ、売値より住宅ローンの残債の方が高い売主様はほとんどいないでしょう。逆に言えば、築10年以上超えている物件で売らざるを得ない売主様は、この状況下であれば、価格が大幅に下がる可能性があるともいえます。

この瞬間は、不動産の流通が止まっている

売主様は、この時期にはあまり内見をしてほしくない。
買主様も、非常事態宣言で不要不急の外出は控えているのでこの時期に内見は考えていない。

上記のような理由で、この瞬間は不動産の物件がほとんど動いていません。
だからこそ、売らざるを得ない売り物件については、良い物件をお得に購入できる可能性がある時期とも言えるでしょう。

ある意味、
強気の価格交渉を仕掛けられる絶好のタイミングでもあり、そしてより資産性の高い物件を選ぶ力が問われます。こんな不安定な時期こそ、早めに情報収集を始めて、信頼できるプロを見つけておくことが重要です。


では、住宅購入検討者は、今在宅で何をすればよいのか?

私がお勧めするのは、下記3つ

  • 今後の市場見通しを知っておく
    『WEBセミナー』で私中田が解説。
    ※4/18開催のセミナーは 残りわずか ⇒ 定員に達し、受付終了しました。

  • 適切な判断・サポートのできる優秀なエージェントを見つけ、相談しておく
    ※今の内に相談、戦略を立てることが大切!
    ⇒弊社では、『オンライン個別相談』を受付中!
     ご希望の方はこちらから
  • 住宅ローンの事前審査を終えておく
    去年の年収は確定していますので、すぐに動ける事前準備も大切です!

この時期だからこそ、様々な情報をいち早く取得し、今後の対策をしっかりしておくことをお勧めします!

以上、本部エージェント中田でした。

執筆者のプロフィール

リニュアル仲介株式会社不動産事業部長NAKATA
1974年 京都生まれ。家業であった呉服業界できものの販売をしていた経歴をもつ。不動産業に転職後、品川区・大田区で地元不動産会社に勤務。賃貸や売買の仲介、買取り、その他管理業務などにも携わる。現在、全国550社を超えるリニュアル仲介FC本部パイロット店の責任者へ。
普段は主に、首都圏の中でも城南エリアを中心に活動しています。

不動産業界は消費者の方が住宅を購入する際に安心して購入できる環境がまだまだ少なく、情報が不透明な部分が多い。それを少しでも解消するべく、お客様から安心して購入できる、信頼のおける仲介を目指し、住宅購入者に徹底的に寄り添う「バイヤーズエージェント」として、日々奮闘中

消費者が安心して既存住宅を購入するために、
購入前の建物インスペクション(建物調査)、耐震診断、耐震補強の提案、瑕疵保険の付保など「必要不可欠な制度や仕組み」を利用した仲介、そして、今後の時代を見据え資産価値が下がりにくい不動産の「目利き」を得意とする。

リニュアル仲介株式会社 不動産事業部 部長
・宅地建物取引士
・住宅建築コーディネーター

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Send to LINE
UA-142471995-1