買主の為の「賢い住宅購入術」

住宅は資産だ!資産価値の高い家を持つことて人生の選択肢を増やそう!購入した家を10年後に同じ値段で売るマイホーム資産化戦略の為のブログです。

メニュー

家を買おうと思ったら、まず最初にやるべきポイントと5つの行動手順

646 views
約 4 分
家を買おうと思ったら、まず最初にやるべきポイントと5つの行動手順

家を買おうかなと思ったら、あなたはまず何から始めますか?

先日お会いしました34歳のA様は、
二人目の子供が産まれ、今の間取りでは手狭になったのをきっかけに住宅購入を検討され始めました。そんなA様が弊社に来られる前に、経験された実例を見てみましょう!

A様が最初に考えたこと

・家を買ったら月々どのぐらいの負担になるのか?
・そもそも自分は住宅ローンを組めるのだろうか・・、どのぐらい借りれるのか・・?
・出来たら今の家賃負担と変わらないぐらいの支払いで購入出来たら理想だが・・
・そもそも家は何を基準にどう選べばいいのか?
・高い買い物だから失敗したくない
・なにから始めればいいのか?
等いろいろ疑問が生じてくる・・

A様が最初に行動したこと

とりあえず今の住んでいる周辺の住宅って買ったらどのぐらいするのか

「SUUMO 」などの不動産ポータルサイトで自宅周辺の不動産を探してみる。
→70㎡の3LDKで4,880万 『意外とするんだなぁ・・。』

ポータルサイトでこの物件を購入した場合、変動金利(最大優遇金利)で月々132,700円とある
これに付け加え管理費・修繕積立金の合計27,500円のランニング、合計約16万円
『ちょっと毎月の支払いが重たい・・』
『毎月の支払い額をもう少し抑えたいから、4500万円ぐらいまでで他にいい物件はないかな?』

ポータルサイトで、さらに検索。

→駅13分と少し距離があるが築年数もまだ5年と浅いのでこれがいいのでは・・
頭で考えていてもよくわからないから、とりあえず一度見に行ってみよう!

物件情報を載せている不動産会社に問い合わせをして内見をしてみる。

内見してみたら

実際に見に行ってみると、今の賃貸より広くて快適、間取りも陽当たりも悪くない。
ディスポーザーなどの最新の設備も入っている
月々の管理費や修繕積立金のランニングも16,850円と安い。
妻も喜んでいるし、意外と良いかもしれない!
(内心盛り上がる・・。)

アバター
A様
でもまだ見始めたばかりだからなぁ・・。他にも良いのがあるかもしれない。
アバター
営業マン
「他の人も検討しているので、早く決めないと無くなりますよ!」
アバター
A様
確かに悪くはなさそうだが・・・、
本日初めてみたばかりなので、すぐに決めれないよ・・。
アバター
営業マン
「南向きで陽当たりも良く希少性があり、いい物件です!バスに乗れば約6分で駅まで行けます。どうですか。月々にしますと、〇〇円ぐらいの支払いで・・」
アバター
A様
確かに買えない金額でもないが、不動産の営業マンはいいことしか言わないそもそも駅から上り坂で13分の物件ってどうなんだこの価格は妥当なのか、高いのか・・良くわからない (~_~;)

その日は営業マンを何とか振り切って家に帰ったが、翌日すぐに電話が掛かってくる。

アバター
営業マン
「先日の物件はいかがでしょうか?早くご決断頂かないと売れてなくなってしまいます。」
アバター
A様
まだよくわからないのにしつこく勧められ、こちらの事情を汲み取ってくれない営業マンがだんだん嫌になり、不動産業者に対して不信な感情が徐々に芽生えてきた・・

これはA様が特別な経験をしたのではありません。
数々のお客様を見て来て、このような経験をされているお客様は意外と多いのです。

なぜ、こうなってしまうのでしょうか・・?

決してあなたが悪いわけではありません。

最初に何をすればいいのか分からないので、ほとんどの方が、ネットで物件情報をみてとりあえずその物件を見に行ってみるのですが、そこで待ち構えている営業マンは売るのが仕事なので当然勧めてくるのです。

問題は、住宅購入を「賃貸を探す」時と同じような感覚で、計画なくとりあえず最初に「物件を探し見にいってしまう」その事原因なのです。

では、どうすればよいのでしょうか?

闇雲に物件を見に行くのではなく、
まずは、最初に「家の買い方」をきちんと学ぶ事が重要です。
そして、あなたの事を真剣に考えてくれる不動産会社を探し、プロに相談して今後の方向を決めていく事です。

★家探し、オススメの手順

―――――――――――――――――――
1. 家の買い方を学ぶ
2. きちんと相談に乗ってくれる買主目線の不動産会社を探す
3. 一緒に資金計画をたてる
4. 狙っていくエリアを定める
5. 具体的な物件を見ていく

―――――――――――――――――――

必ずしも上記順序でないと失敗するという事ではありませんが、特に1と2が重要です。
この手順をきちんと踏むことにより、より賢い住宅購入の近道となるでしょう!

執筆者のプロフィール

リニュアル仲介株式会社不動産事業部長NAKATA
1974年 京都生まれ。家業であった呉服業界できものの販売をしていた経歴をもつ。不動産業に転職後、品川区・大田区で地元不動産会社に勤務。賃貸や売買の仲介、買取り、その他管理業務などにも携わる。現在、全国550社を超えるリニュアル仲介FC本部パイロット店の責任者へ。
普段は主に、首都圏の中でも城南エリアを中心に活動しています。

不動産業界は消費者の方が住宅を購入する際に安心して購入できる環境がまだまだ少なく、情報が不透明な部分が多い。それを少しでも解消するべく、お客様から安心して購入できる、信頼のおける仲介を目指し、住宅購入者に徹底的に寄り添う「バイヤーズエージェント」として、日々奮闘中

消費者が安心して既存住宅を購入するために、
購入前の建物インスペクション(建物調査)、耐震診断、耐震補強の提案、瑕疵保険の付保など「必要不可欠な制度や仕組み」を利用した仲介、そして、今後の時代を見据え資産価値が下がりにくい不動産の「目利き」を得意とする。

リニュアル仲介株式会社 不動産事業部 部長
・宅地建物取引士
・住宅建築コーディネーター

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Send to LINE
UA-142471995-1